交通事故・後遺障害で弁護士に相談するなら確かな実績、30年の伝統 森法律事務所 交通事故相談室へ

交通事故相談室


イメージ写真

森法律事務所交通事故相談室は、30年の伝統と確かな実績のある事務所です。
交通事故紛争センターで20年以上にわたり数多くの案件を担当している弁護士、保険会社で後遺症認定手続きを30年以上担当した 専門相談員等のプロをそろえています。
単に賠償金額を増額させただけでなく、その前提となる後遺障害の認定でも多数の解決実績をあげています。被害者の皆様を当事務所は全力でサポート致します。
高度の専門性
交通事故解決に必要な損害賠償法、賠償医学・保険に関する専門的知見と事故分析力を有する交通事故の専門弁護士,相談員を揃えています。

詳しくはこちら

30年の伝統と実績
30年間以上にわたって、赤い本基準を超える賠償金獲得を目指し、数多くの実績を築いてきました。
単に賠償金額を増額させただけでなく、その前提となる後遺障害の認定でも多数の実績をあげています。

詳しくはこちら

英語事件・女性弁護士指定可能
TOEIC満点の弁護士等、英語対応可能な弁護士が在籍しています。
女性の被害者で、交通事故態様等から男性弁護士に相談しづらいときは、希望すれば女性弁護士が対応できます

詳しくはこちら


相談は何度でも無料です 着手金ゼロ,初期費用ゼロ 安心の無料相談 電話でのご相談 メールでのご相談 ご相談の前に

POINT

事故直後・後遺症認定前から対応可能
交通事故では、後遺症固定前の治療機関との関わりが大切です。治療機関の選定、検査のアドバイス等の、訴訟・示談に備えた活動をアドバイスし、場合によっては、治療期間等にも出向きます。

POINT

後遺症認定・異議申立に対応可能
交通事故の天王山は、後遺症の認定。当事務所では、単に賠償額を請求するだけでなく、賠償請求の前提となる後遺症認定請求や異議申立を多数受任し、数多くの実績があります。

POINT

赤い本基準を超える賠償金獲得を目指します
弁護士が示談に関与するときは、保険会社基準よりも高額な裁判所基準(赤い本基準)で交渉しますが、当事務所では、その赤い本基準を超えた賠償金獲得を目指します。

詳しくはこちら

POINT

無料相談、着手金0、初期費用0!
森法律事務所交通事故専門チームでは、着手金はいただいておりません。無料相談、着手金無料で初期費用0円。弁護士費用で損をさせません。

詳しくはこちら

示談料が適切かご心配なあなたに

赤い本と賠償基準
赤い本ってなに? 交通事故の賠償基準って一つじゃないの?

最新情報をお届けします

交通事故弁護士BLOG
毎週,交通事故に関する最新情報をお届けいたします。中級者向けの代表弁護士ブログです。

まずはこれをチェック

交通事故の基本Q&A
交通事故について何もわからない。どうすればいいの?
事故発生から解決まで
交通事故にあってしまったら

森法律事務所交通事故専門チームの実績

賠償額最大130倍増額等、当事務所交通事故専門チームの実績をいくつか抜粋しました。
その他の交通事故解決事例はこちらから。

詳しくはこちら

交通事故の概要1 100万円→1億3000万円(130倍)

停止中のトラックの荷台で荷物を下ろしていたところ、トラックが急発進して地面に転倒。後遺障害一級。
加害者・保険会社側の主張  提示額100万円
エンジン音等でトラック運転を予測すべきで、加害者に責任はない。被害者に全面的な落ち度がある。
お見舞い金として100万円。
【結論】
訴訟和解。被害者に落ち度はなく、1億3000万円の和解成立。
130倍ですから、交通事故賠償額増加率としては、ギネス級ではないでしょうか。

交通事故の概要2 120万円→2300万円(約20倍)

夜道を自転車で通行中、前方から来た車にはねられ転倒。
加害者・保険会社の主張    提示額  自賠責のみ。
自動車の明かりがついてなかった。しかも、車が通る際、被害者がよろっとよろめいて、自動車に転倒してきた。自殺行為で、車の方が被害者だと主張。
【結論】
訴訟和解。被害者がよろめいたこと、明かりをつけていなかったことは過失だが、重大な過失というほどでもない。賠償金2300万円。

交通事故の概要3  200万円→2000万円(約10倍)

信号待ちで停車中に追突。むち打ち。その後、鬱病になる。
加害者・保険会社側の主張  自賠責のみ。
鬱病と交通事故は因果関係がない。むち打ちも自覚症状のみ。
示談で和解
異議申立をして14級獲得。事故と鬱病との因果関係を認めてもらいました。しかも、自営業者の収入を、申告よりも多く認定してもらって、最終的に2000万円で和解。仕事の特殊性を考慮してもらった。